190518 KCON in JAPAN@幕張メッセ

去年一昨年の参戦記事

 

今回は日程がどうにもならず、土曜のMカのみ参戦

本当は週末朝から入って

無配のトッポギ等をつまむ

コスメエリア等を流す

人だかりができはじめたあたりに合流すると誰かしら現れる

プデュエリアで沸く

などなどの行為をしたかったのですが、残念。

あと夜イベがなかったのも残念でした

↓前回の夜イベの記事

 

前回の教訓を生かし、今回は1stラインナップで絶対とる!と決意。

トリが誰かよくわからないまま取ったけど、結果割といい席だった

 

まず初めて見るので楽しみにしていたITZY

回りの反応がめちゃくちゃよかった

 

A.C.Eの丈の足りない上着担当の子、その後の歌番組でも同じデザインを着ていたのでばっちりお名前覚えました

ビョングァン君ね!

ステージに迫力あってよかったです

 

うじゅそにょは冒頭でチョンハとダンスステージもやっていた

こういうときのソラちゃんに目が行ってしまうんだよね

ヒットメドレーでテンションあがった

ぶったっけの最後のサビで全員で横並びになって前進するところがあるんだけど

あそこまじでかっこいい

単コン行きたいなー

 

おねのぷはコンプリート(日本語だったけど)やってくれた

やっぱりコンプリート好き

 

もねくはかっこよかったことしか記憶になく…

さてそして完全体にゅいですよ

曲は今回のアルバムから、

そして最後にヨボセヨで締めるという

ヨボセヨってわたしが音楽番組見るようになった頃に活動してた曲で、シンプルなタイトルとなんか独特のリズムで印象に残ってた曲

完全体になってあんなに素敵なにゅぶるの曲たちは封印されていくのだなあという淋しさと、彼らは再び歩き始めていくんだなという前向きな気持ちを部外者ながら感じました

 

しかし2点ね、

まずゲームコーナー長くないかね?

みんな忙しいのわかってるけど、コラボステージとカバーステージがもうちょっとあってもよかった

(と言いつつ放送見たら別日はけっこうカバーステージやっていたみたい)

もしくは金額下げて時間を短縮するでもいい

幕張は本当に遠い会場なので、できれば21時には終わってほしい

↑でもこれはよく考えたらコンベンション込みの値段だから下げるのは難しいよね、今回わたしは夜しか行かなかったからそう感じるだけで、一日遊べる日に行けばコスパの良さを感じるのだろう

 

もうひとつ、毎回言われているエンディングの治安の悪さ

まあとにかくあれだけ観客がいればセンステに行く人は行く

なんか行ってもいい雰囲気になっちゃってる

MAMAはそんなことないのに

KCONはエンディングステージ正直なくてもいいかもなあと思ってしまった

 

 

190410JUS2 SHOWCASE@ZEPPダイバーシティ

わーーーん

日本版のジャケット画像すてき…
f:id:em378794:20190411031825j:image

(しかし実際のジャケットは紙質が安っぽいのにお値段が張るので萎えたんだよね…金額は出すから厚みがあってちゃんとした紙がよかったな)

 

がっせぶんが本国の音盤を日本仕様で出すのって初めてでは?



今回のアルバムは普段一緒に曲を作ってるヒョン達と一枚作った感じで、私はEffnひょんとユギョムのソロ曲(サウンドクラウドにあげてるやつ)が好きなので、そのテイストが活きててとても嬉しい、ひょんはユギョムの高音の甘さを引き出す天才だと思うので

あとじぇびとDeepshowerもめちゃくちゃクラブテイストで嬉しい

zeppみたいな大きい箱で聞けて良かった

 

全然妄想なんですけど

チームの活動のつなぎでJJPにしろ今回にしろJBさんが出てくるのが頼もしい

…わかりました。

その空白期間、俺が何とかします

的な。 

一応肩書きはAPだし、がっせぶんのリーダーだし、空白期間を作らないように責任感もって活動してるようで

 

ショーケースだったので、着席のトークも挟んで2時間の公演

日本公演のMCはヨンジェ!

ほぼないとはわかってたけどDJかマニピュレーターステージにあげてくれたらもう死んでも後悔しなかったと思う…

やっぱあの楽曲群だと曲間のつながりが気になる

 

日本では吐息をスタンドマイクで

この照明の当たり方きれいだったな

あとはそれぞれソロ曲を

こんなに小さい会場で見れるなんてそれだけでも行ってよかった

 

グッズはマンツーマンとラバーキーホルダー(たまっていく一方…)、あと初回限定盤CD4200円は会場で購入

あかちゃんリーダーユギョムさん最高でした

 

 

 

 

 

ところで(以下全然けーぽっぷとは関係ない話です)

この前日誘われてエドシーランの東京ドームに行ったんですよ

ノテさんのshape of youの原曲の方。

正直曲あんまり知らないし、ファンの母いわく、彼は弾き語りだよ?東京ドーム?みたいな反応

で、チケット発売後なのに前座に有名バンドがブッキングされたりクロークで分配できなかったりけっこう振り回されて当日。

 

前座が始まり、その中のトークで「このステージはバンドが乗るには小さい」的なことを言われてはっとしたのね

確かに、ドームにしてはステージが小さすぎる。ここは日本で一番大きいドーム会場、だけど本当に弾き語りでバックミュージシャンなしなのでは?と…

あとカメラの台数がやたら少ないのも前座の時から気になっていた

普段のコンサートならクレーン出して天井からレール出して20台くらいあるのが普通なのに、数えると5台くらいしかない…

(しかもうち1台はドラム後方の定点カメラ)

 

不安なまま開演時間になり、VCRなくステージに上がるTシャツ姿のエドシーラン。

持ち物はギター1本とループペダルのみ

このループペダルってやつに最初の1フレーズを記憶させてそれをリフレインしながら重ねて音に厚みを持たせていくスタイル

ファンは当たり前に知っているのだろうが

彼は元々こういうスタイルらしい

そのまま弾き始めて曲が始まって、水飲んでトークして(もちろん英語だけど通訳なし)、観客煽って左右でコーラスさせて、最後に侍ジャパンのユニフォームを羽織るために一度下がったけど、それ以外立ち続けて2時間。

 

これは本当に本当にすごい公演だった

声が良くて歌がうまくてギターがうまくて自分で音楽が制御できるなんて素晴らしいアーティストだと思う

むやみに派手じゃない、自分のやりたいことを自分に合ったスタイルで満員の5万人に伝えて、本人は楽しそうににこにこしてるし観客もここでかけ声!みたいなのはなくて自由だし

とはいえ演出はしっかりしていて、バックの映像は曲ごとに雰囲気が違っていて見入ったし、ライブ映像のはめ込みも凝っていて(サビでぴたっと合わせるのどうやって制御してるんだろう?)、ドームの2階なのにあんなにステージに没頭できたのは不思議な体験だった

このブログはけーぽっぷのことだけ載せたいからここに隠しちゃうけど、

すごい体験をした

2019年これ以上の衝撃と多幸感に出会えるのかな

 

 

 

 

190331NCT127 NEO CITY JAPAN-The origine-@たまアリ

前回のいりちるはanationだった

そして記事に書いた通り不完全燃焼だった…

 

社内で韓国アイドル好きですっていう子は大体ばんたんとわいすが好きだったりして意外にもNCTを知らなかったりする(SMを通らないという新しさ)

だけど私のTLの90%は今回のたまアリ公演参戦、もしくは中継の視聴をしており私も含めて界隈の関心の高さがうかがえた

そしてやはりSMドルはショーステージこそが最も輝ける場所だと実感

TouchもregularもSimon saysも生で見れて興奮した

 

コンサート中、ステージには大きい装置が3つ登場したんだけど

まず1つめはメインステージに3つ×3段に積まれた9個の仕切り

これに1人ずつ収まったり隣の部屋に入ったりしながらパフォーマンスする

 

2つめはメインステージに置かれたジャングルジム(的なやつ)

滑ったり昇ったり緩急をつけてポールダンスみたいなセクシーな表現ができる

 

3つめがセンターステージのせり上がりで、これが不思議なことに斜めに傾斜しながら回転する

ステージが斜めになったまま高速回転するので「え?滑り落ちないの?」って心配なる

スタンドマイクはあったけど柵はないので不注意でまじで落ちそうな感じ(床面に凹凸があるように見えたので滑り止め対策はちゃんとしてそう)

しゃいにのFIVEコンと雰囲気が似ているなと思ったら演出が同じ方(仲宗根梨乃さん)だったみたい

大がかりで見応えのあるステージだったのでとりあえず興味ありそうな後輩、友人にはかたっぱしから教えたよね

それぐらい印象に残るコンサートだった

 

 

いつも難解な曲のパフォーマンスをするために感情を押し殺しているように見えていた彼ら

それがいくらかっこよくても私にはあまりぴんとこなかった

Mad CITYで自由にラップをする姿やTシャツにキャップではしゃぐまくりの姿が新鮮で、こんな感じで素を見せたパフォーマンスがもっとあってもいいのになと思った

 

 

 

余談ですが同じたまアリの公演、

ここでスタジアムモードを横に使った、と私は言っているんですが、実際は縦に使ってました

今回、アリーナから見て勘違いだったのを確認

えんしても同じくスタジアムモードの縦の構成、つまり最も動員の多い構成で超満員だった

 

 

 

 

190320GFRIEND@豊洲PIT

韓国でのカムバ曲#해야(SUNRISE)がエモすぎて行くのを決めたヨチンコン

今回は収録のため?入りの問題で?後方座席あり

前方スタンディングエリアも後ろに行けばぎゅうぎゅうってことにはならなかったので、快適に見れた

 

 

そして…

すっごかったね!ヨチンのパフォーマンス

何がすごいのか考えてみたんですが、ダンスの構成が複雑=早く移動しなきゃならないから、生で見るとものすごいスピード感と迫力がある

昔SISTARで思った「同じ釜の飯を食べて育つと、筋肉や関節の動かし方もシンクロする」っていうのがヨチンにも言える

 

あともうひとつ良かった点が

フォトタイムを作ってくれてたこと

なかなか客がカメラをしまわなくてもメンバーが「しまって」ってちゃんと言えるのはベテランだからこそかも

アンコールではスローガン持ったりしてたので日本ではなかなか見られないスタイルのライブだったと思う

 

新曲の発表をメインに、タイトル曲の日本語verと途中で短いソロステージを挟んだ構成

ソロステージはガシナとか23ならぬ21とか歴代の先輩たちのカバーで見ていて楽しかった

 

もう普段ペンラは買わないんだけど、白とゴールドでとてもかわいかったので買ってしまった…色が変わるのかわいいんだけど、ヨチンってメンバーカラーあったかな

 

しかし同性から見ていろいろ思うところも!

まずは衣装

今回のプロモーションの衣装が小花柄のワンピースなのはともかくとして

途中のサテンのワンピースは安っぽすぎ

MemoriaもFLOWERもジャケットの衣装めちゃかわいかったのに借りれなかったのかな…

 

あとステージセットも!

シルバーの骨組に夜っぽいバラって

夜感すごかったよ

いくらパムだからって、そういう夜じゃないと思うんだな

パステルカラーの韓国インスタっぽいセットなんてセンスとアイデアで何とでもなると思うんだけど…

でもまあインスタ女子はターゲット層じゃないもんな(ぶつぶつ)

 

タイトル曲はほとんど日本語だったけど、聞き取りやすくて言葉も自然だった

 

 

190129RED VELVET REDMARE@横浜アリーナ

前回のツアーを行き逃したレッベルコン、あー今回は聞きたい曲も増えたし行きたいなあとゆるゆる思っていた頃、Twitterに画像が流れてくる…

何かというとれっべるの今回のコンサートペンラ。

f:id:em378794:20190411031451j:image

 

流れてきた画像を見て

(え、なにこの剣呑な猫…このペンラめちゃくちゃかわいい…振りたい…)

と無性に思ったのだった

そこからグッズの一覧を見ていやな予感がしたというか、これは行ってしまったらグッズをバカ買いしてしまうやつだなと思っていたのだけど予想通りペンラ、ボアトート、Tシャツ、ボックスポーチを購入

購入金額でマスクケースが付いてきたので来られなかった友達へのおみやげとする

 

とにかく男子ドルのグッズってはまらないことが多いので、コンサートが始める前にテンションぶちあげてくれるグッズってとても良いですね

 

初めて見たときのペンラの何がよかったって、ちょっとホラーっぽい感じ。ロゴも文字が滴ってる。

REDMAREも赤い悪夢って意味ですよね?

本編中のVCRも何やら訳ありそうで、最後に種明かしがある

 

中盤のホラーコンセプトからのばっぼい、ぴかぶ、RBBはめちゃくちゃよかったです

その前のジャングルお遊戯会パート←のzoo~HAPPINESS~Hit the Drumもよかった

音楽の治安が悪めで知らない曲もあったけど楽しかった

 

れっべるちゃん達のパーソナリティってよく知らなかったけど男前のウエンディとなんでもぽんぽん話しちゃうジョイとちゃっかりイェリって感じが見えて新鮮だった

昨年までのえーねの中継見てた感じだとイェリ以外は日本語全然だなと思っていたのが、スルギはとても上達していた

当日引換券で真横のアリーナから見たけど近かった

イル活曲のパフォーマンスは初めて見たけどよかった(横からの感じは)

 

春色け~ぽっぷ2019

今年の東京はなかなか暖かくならないけど、冬を抜け出した春みたいに明るくて軽やかな4月のアルバムを記録しておきます

ちなみに殿堂入り春色け~ぽっぷ3曲

#11:30 / Block B

#MYTYPE / iKON

#TOUCH / NCT127

 

 

まずは

#AWAKE/JBJ95
f:id:em378794:20190414071958j:image

ステージの電飾と衣装の配色が合っててきれい

 

最初から最後まで力みのない曲が並んでいて

楽しいアルバムだなと思う

#1,2(タイトル曲),4がふわふわきらきらの軽やかな感じなんだけど

#3のちょっとださめの王道ポップス(ほめてます)とか

#5のシンプルめなアコースティックギターの曲調に絶妙に混ざって、収録順に聞くと永遠にリピートできます

わたしはペンタのぴんなりのピアノのループが好きなので#6のイントロが都会的で渇いていてとても好き

アンニュイで春眠のけだるい感じがアルバムタイトル「AWAKE」にとても合ってると思う

 

ビジュアルコンセプトも淡くて全体のまとまりが良い

他の季節でない、春だからしっくり来る感じ

 

早くドンハンも加入しよ?

 

 

続いて

#HEART*IZ / IZ*ONE

f:id:em378794:20190417011432j:image

 

今までの、のむのむのむとかブーメランとかファルファルとかが嘘みたいに急造のはずのコンセプトがはまっている…

ラビアンローズは赤、今回のVioletaはパープルがテーマカラー

そして補色のミントグリーンを品良く配色してるところがとてもセンスが良いです

ミントとラベンダーってとてもかわいい

 

「AWAKE」に比べると曲調は偏ってると思うけど、音の可愛らしさが尋常じゃなく良いです

#4が比較的シンプルな曲調だけど

それ以外は音がめちゃくちゃ凝っている

#1は曲名の通り楽しく跳ねるような音でアルバムの始まりにわくわくする

#2 タイトル曲らしからぬ軽やかさに紫の色が持ってる秘密めいた感じもあって、サビの音は高音のシンセサイザーみたいでちょっと変わっている

#3 音は軽いけど疾走感があってアルバム全体のメリハリをつけている

#5,6 いつ金テが降り注いでもおかしくない多幸感

春らしいしっとりした暖かさって感じ

はるうぃろのコミカルなイントロからユニゾンでスケールが大きくなっていって、最後の最後にさくらちゃんで締めるのがこのアルバムらしさが出てる

 

 

2つのアルバムに共通するのは

ボーカルと音楽が均等で、聞きようによってはボーカルがあまりたっていない印象を持つと思う

でも音が強いというわけではなく

音楽にも適度な隙間や抜けがあり、2つがお互いを引き立て合って1つのものになっているように聞こえるということ

 

あ、全て私の個人的な感想です…

 

なのでリピートして聞いていても疲れたり飽きたりしない

 

ガツンとスパイスのきいた曲も好きだけど、

包まれるように聞ける曲が春らしいなと思いました

※取り急ぎ、「不朽の名曲」については次回以降で…

 

 

よじゃどるPICK 2019

前回のよじゃどるpick

 

 

 

年明け早々からよじゃどるが元気

年末の歌謡祭にも出ていたチョンハだけど年始にカムバ

事務所の戦略がお見事

 

その後のヨチンのカムバが良すぎて

ソウル歌謡大賞かなにかでユジュがいなくてウナがユジュパートをやったステージを見て思った

2人は太陽と月のような関係で、ユジュのパートはパワフルだしウナのパートは繊細だし、少しパートが変わるだけで全然違った印象になる

 

LOONAのButterflyは繊細で美しい

どうしたら起き上がるタイミングとかこんなに揃えられるんだろう!

でも全員綺麗すぎて見分けが付かず、チュウちゃんしかわからない

 

さて、遡って12月はIZONEチェヨンに夢中でしたわ…

2分くらいにダンスブレイクがある

このドラムンアレンジ好き

チェヨンのダンスの好きなところは

まず足さばきがいい、1歩が大きいところ。

スタイルが良くて足が長いからすごく目立つよね

あとはロングヘアのなびかせ方がうまい

 

さてさてそして

サバイバルもリアリティもなくさくっとデビューしたITZY

ガールクラッシュティーザーで期待させてからの楽曲だったので、始めはちょっと肩すかしくらった印象だった…んだけど。

わたしはステージ見てイェジにメロメロです


f:id:em378794:20190319012316j:image

※画像お借りしました

 

しなやかで子鹿みたいな

ここも平均身長が高めだとお見受けするんですが、チェヨンと一緒で足さばきがいい

あと無駄な動きがなくてすっきりしてる

過去の出演動画も

 

やんちゃ系のリュジンも後輩女子に好かれそうなビジュアルだし、とにかくステージ見てると目移りしてしまう

元も子もないことだけど人数少ないのが良い

名前も覚えられるし見せ場もしっかりある

 

しかしながらJYPはコンセプトが甘いから次回のカムバ以降がどうなるのかまだわからないところ

 

新人のITZYと1位を争ったのがファサだったのもよかったね

勝手にチェリナの後継者はファサだと思ってる

 

その間にうじゅそにょもカムバしたし、CLCがNOで初1位とれたのもよかったし、ソンミも新曲を出したしママムも即完全体カムバだし、

とにかく、新人も先輩もファイティン!