190129RED VELVET REDMARE@横浜アリーナ

前回のツアーを行き逃したレッベルコン、あー今回は聞きたい曲も増えたし行きたいなあとゆるゆる思っていた頃、Twitterに画像が流れてくる…

何かというとれっべるの今回のコンサートペンラ。

f:id:em378794:20190411031451j:image

 

流れてきた画像を見て

(え、なにこの剣呑な猫…このペンラめちゃくちゃかわいい…振りたい…)

と無性に思ったのだった

そこからグッズの一覧を見ていやな予感がしたというか、これは行ってしまったらグッズをバカ買いしてしまうやつだなと思っていたのだけど予想通りペンラ、ボアトート、Tシャツ、ボックスポーチを購入

購入金額でマスクケースが付いてきたので来られなかった友達へのおみやげとする

 

とにかく男子ドルのグッズってはまらないことが多いので、コンサートが始める前にテンションぶちあげてくれるグッズってとても良いですね

 

初めて見たときのペンラの何がよかったって、ちょっとホラーっぽい感じ。ロゴも文字が滴ってる。

REDMAREも赤い悪夢って意味ですよね?

本編中のVCRも何やら訳ありそうで、最後に種明かしがある

 

中盤のホラーコンセプトからのばっぼい、ぴかぶ、RBBはめちゃくちゃよかったです

その前のジャングルお遊戯会パート←のzoo~HAPPINESS~Hit the Drumもよかった

音楽の治安が悪めで知らない曲もあったけど楽しかった

 

れっべるちゃん達のパーソナリティってよく知らなかったけど男前のウエンディとなんでもぽんぽん話しちゃうジョイとちゃっかりイェリって感じが見えて新鮮だった

昨年までのえーねの中継見てた感じだとイェリ以外は日本語全然だなと思っていたのが、スルギはとても上達していた

当日引換券で真横のアリーナから見たけど近かった

イル活曲のパフォーマンスは初めて見たけどよかった(横からの感じは)

 

春色け~ぽっぷ2019

今年の東京はなかなか暖かくならないけど、冬を抜け出した春みたいに明るくて軽やかな4月のアルバムを記録しておきます

ちなみに殿堂入り春色け~ぽっぷ3曲

#11:30 / Block B

#MYTYPE / iKON

#TOUCH / NCT127

 

 

まずは

#AWAKE/JBJ95
f:id:em378794:20190414071958j:image

ステージの電飾と衣装の配色が合っててきれい

 

最初から最後まで力みのない曲が並んでいて

楽しいアルバムだなと思う

#1,2(タイトル曲),4がふわふわきらきらの軽やかな感じなんだけど

#3のちょっとださめの王道ポップス(ほめてます)とか

#5のシンプルめなアコースティックギターの曲調に絶妙に混ざって、収録順に聞くと永遠にリピートできます

わたしはペンタのぴんなりのピアノのループが好きなので#6のイントロが都会的で渇いていてとても好き

アンニュイで春眠のけだるい感じがアルバムタイトル「AWAKE」にとても合ってると思う

 

ビジュアルコンセプトも淡くて全体のまとまりが良い

他の季節でない、春だからしっくり来る感じ

 

早くドンハンも加入しよ?

 

 

続いて

#HEART*IZ / IZ*ONE

f:id:em378794:20190417011432j:image

 

今までの、のむのむのむとかブーメランとかファルファルとかが嘘みたいに急造のはずのコンセプトがはまっている…

ラビアンローズは赤、今回のVioletaはパープルがテーマカラー

そして補色のミントグリーンを品良く配色してるところがとてもセンスが良いです

ミントとラベンダーってとてもかわいい

 

「AWAKE」に比べると曲調は偏ってると思うけど、音の可愛らしさが尋常じゃなく良いです

#4が比較的シンプルな曲調だけど

それ以外は音がめちゃくちゃ凝っている

#1は曲名の通り楽しく跳ねるような音でアルバムの始まりにわくわくする

#2 タイトル曲らしからぬ軽やかさに紫の色が持ってる秘密めいた感じもあって、サビの音は高音のシンセサイザーみたいでちょっと変わっている

#3 音は軽いけど疾走感があってアルバム全体のメリハリをつけている

#5,6 いつ金テが降り注いでもおかしくない多幸感

春らしいしっとりした暖かさって感じ

はるうぃろのコミカルなイントロからユニゾンでスケールが大きくなっていって、最後の最後にさくらちゃんで締めるのがこのアルバムらしさが出てる

 

 

2つのアルバムに共通するのは

ボーカルと音楽が均等で、聞きようによってはボーカルがあまりたっていない印象を持つと思う

でも音が強いというわけではなく

音楽にも適度な隙間や抜けがあり、2つがお互いを引き立て合って1つのものになっているように聞こえるということ

 

あ、全て私の個人的な感想です…

 

なのでリピートして聞いていても疲れたり飽きたりしない

 

ガツンとスパイスのきいた曲も好きだけど、

包まれるように聞ける曲が春らしいなと思いました

※取り急ぎ、「不朽の名曲」については次回以降で…

 

 

よじゃどるPICK 2019

前回のよじゃどるpick

 

 

 

年明け早々からよじゃどるが元気

年末の歌謡祭にも出ていたチョンハだけど年始にカムバ

事務所の戦略がお見事

 

その後のヨチンのカムバが良すぎて

ソウル歌謡大賞かなにかでユジュがいなくてウナがユジュパートをやったステージを見て思った

2人は太陽と月のような関係で、ユジュのパートはパワフルだしウナのパートは繊細だし、少しパートが変わるだけで全然違った印象になる

 

LOONAのButterflyは繊細で美しい

どうしたら起き上がるタイミングとかこんなに揃えられるんだろう!

でも全員綺麗すぎて見分けが付かず、チュウちゃんしかわからない

 

さて、遡って12月はIZONEチェヨンに夢中でしたわ…

2分くらいにダンスブレイクがある

このドラムンアレンジ好き

チェヨンのダンスの好きなところは

まず足さばきがいい、1歩が大きいところ。

スタイルが良くて足が長いからすごく目立つよね

あとはロングヘアのなびかせ方がうまい

 

さてさてそして

サバイバルもリアリティもなくさくっとデビューしたITZY

ガールクラッシュティーザーで期待させてからの楽曲だったので、始めはちょっと肩すかしくらった印象だった…んだけど。

わたしはステージ見てイェジにメロメロです


f:id:em378794:20190319012316j:image

※画像お借りしました

 

しなやかで子鹿みたいな

ここも平均身長が高めだとお見受けするんですが、チェヨンと一緒で足さばきがいい

あと無駄な動きがなくてすっきりしてる

過去の出演動画も

 

やんちゃ系のリュジンも後輩女子に好かれそうなビジュアルだし、とにかくステージ見てると目移りしてしまう

元も子もないことだけど人数少ないのが良い

名前も覚えられるし見せ場もしっかりある

 

しかしながらJYPはコンセプトが甘いから次回のカムバ以降がどうなるのかまだわからないところ

 

新人のITZYと1位を争ったのがファサだったのもよかったね

勝手にチェリナの後継者はファサだと思ってる

 

その間にうじゅそにょもカムバしたし、CLCがNOで初1位とれたのもよかったし、ソンミも新曲を出したしママムも即完全体カムバだし、

とにかく、新人も先輩もファイティン!

 

 

 

「客 the guest」が怖おもしろい話


f:id:em378794:20190223022305j:image

エムネで1月から放送している「客 the guest」を視聴しています

普段ドラマは集中力が続かずほとんど見ないので珍しい

 

そもそもは年明けに映画「来る」を見たことが発端

f:id:em378794:20190223023544j:image

この映画はホラーにジャンルされており、2018年のくそトラウマ映画「聖なる鹿殺し」を映画館で見て後悔していた私は、ホラーを1人で映画館で見て再び後悔することにならないのか逡巡していた…

f:id:em378794:20190223024321j:image

※「聖なる鹿殺し」、内容は面白い。しかし表現の仕方が強烈すぎて後を引いてしまうのだ

 

で、「来る」を見るんですけど。

全然ホラーじゃなかったのね。

ていうかプロモーションも全然ホラーじゃないし。

人にはそれぞれ感じ方があると思うんですが、怖さの上をいく面白さで、私は見終わった後むしろ興奮して帰路につくくらいだった

 

さて同じ頃、

同じようなモチーフを扱ったドラマの予告をエムネで見かける

それが「客 the guest」

キムジェウクは知ってる~、という軽い気持ちで録画した1話を見始める

1人で深夜に。

 

 

 

話のあらすじにはほぼ触れないので続けます(これから見たい方は気をつけてくださいね)

しかしとにかく

1話めっっちゃくちゃ怖い

冒頭から、地方の村で起こる痛々しい出来事と気味の悪い祭祀

緊迫したサスペンス展開と悲劇…

しかも1話は9割回想でキムジェウク出てこねえ

 

本当に深夜に再生したことを後悔した

「来る」で調子に乗った報いだなと思って凍りついていたんだけど

 

なんか途中から麻痺してきて…

 

なんでこんなに恐ろしい演出ができるの?すごいね??

みたいな感覚になる

 

1話の中盤、

田んぼに立つある人物に主人公ファピョンが気がつくという、その後の回でもリフレインされるものすごく強烈なビジュアルのシーン

その映像の美しさは恐ろしさを上回り、もう1回見たいなとなり何回か巻き戻し再生してしまった

夜の田舎の田んぼの中なのに自然光ではありえないくらいばりばりにグリーンの照明が当たっていて、でもそれが劇中では良いアクセントだった

 

作中全体的に言えることだけど、画面の明暗、特に暗さをうまく使って恐ろしさを表現している

ホラー要素の強いシーンになるとがんと画面が暗くなって照明がきつく当たる

それも緑と赤みたいな補色が両側から。

言葉にすると不自然に聞こえるけど、全体のトーンが暗いのもあいまって不気味な空気が漂う

他にも悪夢にうなされる主人公のいる奥の部屋だけが真っ暗だったり

苦しむ神父のシーンは真っ暗なのに心配した主人公が現れたカットからぱっと全体のトーンが明るくなったり

 

 

映画やCMを中心に、映像制作ではカラーグレーディングという色の調整をする行程がある

撮影時に光を当てただけではこんなに強い色は出ないと思うので、最初からフィルターをかけている…はず

そこがちゃんと計算されていて感心するし、世界観に没入できるポイントだと思う

(その点「来る」はグレーディングがホラーっぽくなかったから、劇場で楽しんで見れたのかも。ホラー作品はビビッドな色彩よりは寂しげな色合いの方が心理的にきそう)

 

そして役者の演技は本当に見入ってしまう

特に悪霊に取り憑かれたみなさんの鬼気迫る演技に感心

女刑事ギルヨン役のチョンウンチェがきれいでかっこいいし

ファピョン役のキムドンウクはちょっと元JBJのノテさんぽい…

 

さらにそれぞれのエピソードで取り上げられる場所が【人気のない排水道】【自動車修理工場の廃車置き場】【深夜のオフィス】【団地のエレベーター】…ワードを聞いただけでもぞわぞわする…

 

「事実は小説より奇なり」とは言うけど、私は悪霊を見たことはないし、恐怖体験をしたこともない

だけどありきたりではない、今までに見たことのないような表現やエピソードに好奇心をくすぐられるのだ

 

しかしこの作品、音も凝ってるし映画館だったら絶対見れないな…

 

 

 

 

 

2019年あったらいいな予想

↓昨年の予想

当たらなくても別によくて、ただ考えるのが楽しい

では2019年もれつごー

 

2度目のミュージックバンク日本開催

香港が2度目らしいので日本もどうすか

今回は大阪京セラドームで

 

がっせぶんマンネユニットデビュー

みんな口をそろえて次回のカムバ遅いって言ってるので5~6月くらいかなと予想

わんげぱっけは忙しそうなので97で音楽番組にお出になってはいかがですか…?

がっせぶん2月のアリーナオーラスで次のコンサートが告知されずあがせはざわついていたけど、次回の予定がないはずがないので次はまだ発表できない年間予定が来ると予想…

次のワールドツアーに日本公演入れてきそうだけどどうかなー

6月にカムバしたとしたら夏にワールドツアー

とか書いてた直後に

ユニットにおわせぶいえぷ(言い方)が投下されてしまった!うける!

 

JYPねーしょん開催

ITZYのお披露目と新しいグループ作りの日本認知も兼ねてやってほしい

来年オリンピックでイベントいろいろ飛びそうだし…

 

2019年はこんな曲が聞きたい

アジアンエキゾチック的な

こんな表現しかできないけどソンミノのアナクネみたいな曲

世の中について問題提起するような曲

その真逆のカンガルーとかグッデイみたいな休暇ソング

 

 

 

 

2018年好きだった曲

もう1年経ったんですね

2017年のマイベスト

 

今年の夏は楽しかったなー

2018年夏のプレイリスト

 

2018年は1年通してNCTシリーズ(シリーズ?)の良曲が多い年だった

NCT U  ♯YESTODAY

 

NCT 127  ♯TOUCH

 

NCT 127  ♯Regular

 

NCT 127  ♯Simon Says

 

Regularのディストピア感漂うMVが良かった楽曲の良さでリピートしてしまう

 

SHINee  ♯I Want You

 

◆JBJ  ♯꽃이야

前作とのギャップが良くて、カラフルで華やかな世界観が好きだった

解散後にちょっとケチがついてしまったのが残念だけど

 

◆JBJ  ♯True Colors

アルバムのオープニングらしい浮遊感のある曲

生で聞けて嬉しかった

 

◆JBJ 95  ♯HOME

サンギュンケンタユニットのデビュー曲

音は新しいのに懐かしい感じで泣きたくなる

 

◆WANNAONE  ♯켜줘

エムカのカンダニエルファンカム

これは曲と振り付けが合ってて、MVよりステージとかファンカム見たほうが楽しい

3分20秒くらいのラストで1列ずつ立ち上がってうぉーってなるところが好きです

爽やかさとか若さよりもしっとりした大人な感じの楽曲

 

◆Triple Position  ♯Kangaroo

詳しくはさま~ちゅ~んけーぽっぷで述べたので割愛

好き(アイドル)×好き(プロデューサー)は無限大でした…

 

ところで、ウジンくん出演のこのMVが好き

なでなでされて笑ってるのかわいすぎて爆発する

色もきれい

 

◆GFRIEND  ♯밤

うーーん大好きで良く聞く曲

疾走感があって切なくて

 

◆IZ*ONE  ♯La vie en Rose

こんなに落ち着いたデビュー曲で来るとは思ってなかった!

イントロの三味線?みたいな音がいい

 

◆N.Flyng  ♯뜨거운 감자

バンドならではの爆発力があった

そのあと出したHOW R U TODAYも良く聞いた

ちょっと年の瀬に色々あって残念だったな

 

◆HAON  ♯NOAH

けーぽ界はショミドシリーズとプデュシリーズだけでなく高等ラッパーも履修していかなきゃだめなのね~と実感した2018年

ジェボムとフーディが私には父母のように見える

 

◆Paloalto/Code kunst ♯good day

さて、エンディングです

良く晴れた空にパンナップしてこのイントロが始まるんでしょ

ハッピーエンドでもそれなりのエンドでも人生って続いていくんだな、っていう落ち着いた前向きさをくれる曲

 

◆PENTAGON ♯함께 가자 우리

エンドロールがまだまだ終わらないときのもう1曲

サビのジノさんの抜けるようなボーカルが良い

 

◆PENTAGON ♯빛나리

同じくPENTAGONから。

2018年はこの曲につきる

都会的で乾いた印象のイントロに反して、主人公が素直に愛を歌う内容で、それがグループのアイコン的存在のイドンくんを表しているかのようで…

オリジナルアレンジではもう聞けないというのが儚いね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

181218-19GOT7 ROAD 2 U@日本武道館

※ネタバレが含まれますので、見るのが嫌な方はご注意ください

 

 

邦題『君へ続く道』って感じ?

今回のメインデザインとかグッズのコンセプトとかVCRのテイストとか…

基本的には私の好きなスタイルではない、です…

しかし当日いきなり投下されたローラースケート

f:id:em378794:20181227001328j:image

はい~好きなやつ~

トレカは買わなかったけど、予定になかったメイキングブックはまんまと買ってしまった

あとはにょんぎょむブランケット、1万円購入でなんとか~と言われたのでポーチを追加

 

コンセプトは基本的に好みの路線ではないんだけど

1.ステージ内容が全てコンセプトに沿ってるわけではない

2.本人たちの頑張りによるところが大きい

の2点により大満足でした

もう6人とかあまり気にならない

 

今回は春夏秋冬に沿って構成されていて、ワールドツアーでやってちょうどいいってことで(知らんけど)最初のパートはリミックスのGIRLS GIRLS GIRLS他

夏と言えばヨンジェがたっちょあ歌うとこが思い浮かぶんだけどかたくなにやらないがっせぶん

たんなっぷは曲を止めてペットボトル担当ジャンケン(いちばん負けた人)

2日間ともじぇびぎょむの一騎討ちで両日ともじぇびが負けていた

1日目は成功したのに、収録日の2日目は失敗w

~この後一旦ユニットステージがはいります~

今回個人的にいちばん見所だったのはユニットのにょんぎょむ組とつじぇ組

 

にょんぎょむ組「25」

まず入場ね、

スポットが中央に当たってるんだけど、その光に向かって2人がかけ込(滑り込)んで始まるのむちゃくちゃかっこいい

今回ステージサイド(舞台裏じゃないけどステージとしては使わない部分??)が丸見えで、始まる前に暗転していても、白い衣装の2人が集まって何か話しているのが見えたり。

 

そして後半でおもむろに取り出される

鞭……

いや、じにょんくんにここまでマッチする小道具あったかな?っていう…鞭…本人いわく甘えながら鞭…?

がっせぶんてあんまり偏ったコンセプトやらないので、これめっちゃ楽しかったです

あ、1日目だけね。

2日目はフリだけだったね。なんでだろね。

はっ…

てことは映像に残らないのか…?

 

つじぇ組「REBORN」

歌い出しがとにかく高音でヨンジェでも大変そう

じぇびにしては珍しく恋愛がテーマではない曲

途中で小さいブロックステージを目隠ししたまま降りるんだけど踏み外しそうでどきどきする…

これ2人とも目隠ししたのは2日目だけですね

1日目はじぇびだけだった

 

そしてユニット後、秋パートになるんですが

このパートの衣装がめっちゃすきな雰囲気だった~~~

白とネイビーで鳥(強そうな)のスカーフを各自纏ってて。

特にじぇび氏の詰め襟に斜めのスカーフめっちゃかっこよかった

そしてそのままAngel~Paradiseと続く

I wont let you goのステージはとにかく今までのシングルにないシックな感じ 

 

もねくのspotlightもセブチのCALL CALL CALLもハングルver.が発表されて、今後は日本のファンの声に応える形で本国制作の日本シングルが多くなるのかな

 

日本ならではの楽曲とのフュージョン(とでも言えばいいのか…)を楽しみにしてる人もいると思うんだけど、個人的にはカラーが合わなくて無理してる感じはあまり見たくない(日本の番組出演も含めて)ので、がっせぶんはやりたいカラーの音楽が出来ればいいです

 

ヨンジェがFLUSH UP気に入っていて今回もやってくれたんだけど、

すごい、一軒家が脳裏をよぎる…(CMソングだからね)

最後みんなで一列に肩組んで楽しそうなのを見てただただ幸せでした。

 

冬パートはたき火?を真ん中に置いてMiRACLE他

それからビハインドVCRをはさんでアンコール

モリアガッテyo、GOT ur LOVE、にゅえら、最後Higerかな

 

本当、2018年のがっせぶんはステージ上で安定していて見ていて安心できたのがよかった。

ハードル低いな、と我ながら思うけど

推しが楽しそう!それ以上に望む物なし。

カムバ~MAMA~イル活~タイコン~年末歌謡祭~年始ペンミとほんとにいっそがしいスケジュール!

おつかれさまでした。

 

最後に入りの話

1日目ちょっと驚くくらい入ってなかった

隣に座ってた男性、ずーっとゲームしてたし3~4連がパラパラと空席

上の方は3列くらい空いていた

2日目はしっかり埋まってましたね

ワールドツアーの感じとかKCON Thailandとか見てがっせぶんの世界的な人気はわかってるけど武道館でこんな感じなの不思議だなって思いました

f:id:em378794:20181227020546j:image

f:id:em378794:20181227020613j:image

本当におつかれさま

いつも励まされます