個で見る?塊で見る?2019秋カムバ

秋カムバがあついよ!!

 

私の中でいちばんきてるのがONEUS

f:id:em378794:20191014161747j:image

f:id:em378794:20191014161754j:image

ミノのアナクネみたいなアジアンエキゾチック風味の楽曲と衣装

 

先のNEXT GENERATIONでもファンいっぱい来てたし、うまくすればうまくいくかもしれない

アルバムの曲も良い〜

f:id:em378794:20191014162539j:image

よく考えたらママムの弟分なんだもんね

楽曲が個性的でアルバム通して良い

 

いつも高クオリティのONFがカムバしたよf:id:em378794:20191014174027j:image

f:id:em378794:20191014174036j:image

控えめに言っても今回のコンセプトは今年5本の指に入るくらい秀逸、よくできてる

f:id:em378794:20191014174131j:image

だけど全体ティーザーはこうなっちゃうのね

おしゃれなツイ写真上げてくれてた運営さんはどこ行っちゃったの??

加えてラウンくんの脱退

今でもネタなのかな?と思うほどあっけなかったよね

8月にはワイアットさんのほっぺにポッポを目の前で見ていたのに…

全体的には楽曲のイメージとヘアスタイル(カラー)があまり合ってない

軽めの曲だからメッシュよりは淡い色全体に入れても良かったのでは

わたしはコンプリート厨なのですが、アナログっぽい音を上手に使っていて今回のアルバムも聴き応えがあります

 

 

さて、エムネジャパンの次世代ボーイズのリアリティ番組の一挙放送特集でついに下の世代に降りることを決意。ちゃんと名前も覚える!

 

今回のカムバラッシュでどっかん来てる感じがするのはATEEZ

f:id:em378794:20191014163745j:image

f:id:em378794:20191014163751j:image

事務所的にはぶろびの弟分

リアリティ見ても見ても一向に名前が覚えられなくて(ついにけーぽっぷ卒業か…?)と悲しみに暮れていたんだけど

レコーディングとダンスのビハインドになった途端スッと頭に入ってきた

やっぱりご飯食べたりゲームしてるよりも、ステージに直結してるほうが覚えやすいみたい

 

きょんちゃんにお顔が似てるなあと思いながら見てたユノくん、身長がごっつ高くて笑っちゃった

あとソンファさんはポンコツみを感じたけど、ステージになるとものすごいオーラがあるのね

リーダーもサンくんもジョンホもオーラがあって目が離せない

それで最後にミンギのラップパートが来るでしょ、あそこがむちゃくちゃかっこいい!

リアリティの中でEDENさんとのやりとりのシーンがあったけど、有名作曲家か練習生時代から見守ってくれてる安心感があった

ダンスではBB trippinのメンバーが指導に来てわちゃわちゃしたりとか(振付指導のために軽く踊ってたところ、めちゃくちゃかっこよかった〜ダンスのプロだった〜)、リエハタに振付もらって本人が見に来たりとか、愛とお金をかけてもらってるのがわかってよかった

 

さてさてウジンくんの怪我で(?)カムバ時期を伺ってたAB6IXも秋カムバ戦争に参戦f:id:em378794:20191014164751j:image

f:id:em378794:20191014165339j:image

今回もイデフィ監督の美意識がびしばし感じられる

それでそれがちょっと裏目に出てるなあとも

アルバム全体的にちょっと曲調というか、使ってる音が似ててフルアルバムなのもあり途中で飽きてくる

ダンスの構成も、たとえば同じ5人組で最高の振り付けだと思うSHINeeSHERLOCKや小物を使ったB1A4のLONELYに比べると単調さが目立つ

 

ところでリアリティ番組、BRANDNEW BOYSを見ていると、冒頭でウンくんの合流を追ってるんだけど、そのインタビューがまじで無理😭

JYPでベムギョムバンチャンたちと同級生だったうにに、おそらくがっせぶんのデビューで放出→YG移籍、StraykidsのJYP vs YGでバンチャンと再会し言葉を交わしていると

餅ゴリ「知り合いか?」

バンチャン「昔一緒に練習生してて…」

餅「どこで?」

バ「JYPで…」

みたいなくだりがありましたよね

 

その後うににはYGからも放出(インタビューで放出されたと言ってた)、ぶれんにゅに移籍、MXMのサポートを経てメンバーの推薦で追加合流

同時期に、残ったYG練習生たちで行われた宝石箱で選ばれたメンバーは事務所のごたごたでデビュー未定と…

 

そしてここからですよ

(元JYP)ウジンくんはうににと面識なし

おそらくがっせぶんのデビューを機に練習生は一旦放出→この中にはショヌ(現モネク)、フイキノ(現ペンタ)、そしてうににも含まれていたんだろう。

残ったのがDAY6メンバー(WINのJYP vs YGに出ていたのでデビュー待ちだったと思われる)、バンチャン、

その後入所したのが現スキズメンバーとウジンくんやドンヒョンドンハンなんだろうなと推測

 

 

そんなわけで!!

今カムバするとみんな顔見知りStrayKids!

f:id:em378794:20191014172157j:image

今回も、世の流行りなんて無視無視!やりたいことやるもんね!って感じの彼ら

好きにしたらいいよね

それこそ間に挟まれてがっせぶんが苦しんだかいがあるってもんだ

f:id:em378794:20191014172335j:image

f:id:em378794:20191014172347j:image

ハンジソンさんの身のこなしとヤンチャさ、

バンチャンの肩幅と肘から先の長さ、病み気味のビジュアルがよい!

すりらちゃが尊い!!

リアリティ番組、ちゃばったStrayKidsも放送してるので見てますが、これ面白い。

巷の人気バラエティ軽くパクって自分たち風にアレンジ入れてるの頭いい(いいの?って感じだけど)

これも遊園地貸し切ったりけっこう規模大きい

スキズはデビュー当時はすりらちゃがどうしても目立ちがちだったけど、だんだん平均化してきた

 

 

今回のブログタイトルにある

個で見るか?塊で見るか?

考えるきっかけはプエク直後のMYTEEN解散にある

それまでノテさんとソンウンの所属するHOTSHOTがなぜ活動再開しないのか深く考えもしなかった

 

日本のファンの多くはアイドルをグループ単位で見ていて

プデュで人気アップ→グループに戻ればグループの知名度もアップ=今後の活動も安泰

少なくともわたしはこういう考えしか持ってなかった

だからはっしゃがいつまでもカムバしないで二人だけがソロで活動してるのが不思議だった

だけど本国のファンの考え方って

プデュで人気アップ→グループに戻ったら足引っ張られる!

っていうのが大半なのね

ミニョンさんのソロ要求とかも不思議に見てたけど、彼が戻れたのはにゅぶるがある程度の成績を出したから

 

正直今回のじょんぐくの脱退要求に、は?なぜ?と思ってしまうけどあちらにはあちらの理屈があるんだろうな

なので潔く脱退したハンビンの行動は本国的といえばそうなのかもしれない

 

推しをメンバーとするか、グループとするか、は

自分の中でも定まってないのが興味深い

がっせぶんはユギョムさん単推しなんだけとグループとしても箱推し

ぶろびはじこたま単推し

うぃのは箱推し

しゃいにも箱推し

もねくセブチはキヒョン、うじたそ単推し

 

今回カムバ組で言うと

スキズはバンチャンハンジソン単推し

あちずは箱推し

 

箱推しはグッズ購入のときに困る(単純に色とかで決めがち)

 

さて残すはにゅいの不穏なカムバと10月末のうぃのカムバ

そして11月のがっせぶんカムバ

まだまだたのしみ2019!

 

(アッ…Super Mのこと完全に忘れてた…)

OPENING CEREMONY ファミリーセールの話

突然だけど、お洋服の話。

 

 

けーどるの衣装とか洋服を見るのが好き←

JOYRICHやトムブラウンのスーツが席巻したときもあったし、マルジェラやAPCみたいな憧れのブランドや本国のブランド、ブラピンのハイブランドリメイクとか、ストリートでの流行も感じられて楽しい。

コンサートやライブに行くと、ペンもおしゃれで自分の個性を主張できる子が多い

 

さて、オンワードファミリーセールの入場券を入手

行くか行かないか…まあ行かないなあと考えていたところ、参加ブランドに

OPENING CEREMONYを発見

全然知らなかったんだけど系列みたい

あの入りにくさMAXのお店のファミセ!?

ってどんな感じだろうとちょっと興味がわく

 

ファミセについてネットで調べてはみたものの、メインどころは23区とか組曲とかだし、そもそもセレショ系のお店に行くような洋服好きは値段が下がる前に買っちゃうよね

なのでファミセ自体の戦利品レポはあれどOPENING CEREMONYの戦利品、ブースがどんな感じなのかはいまいちわからない

なので行ってみたよ!

以下レポ!(雑か)

 

 

 

会場はオンワード樫山の倉庫で、東京は田町駅からシャトルバスもしくはゆりかもめ芝浦ふ頭駅から歩いて数分

行きはゆりかもめで行ったけどわかりやすい道

時間帯は昼頃だと入場待ち時間なし

階数は毎回変わるかもしれないけど、今回はOPENING CEREMONYは7階(最上階)でした

エレベーターで最上階まで上がり、階段で下がっていくスタイル。

レジは2階で試着室は各階、購入しないものは自力で戻すので階をまたぐ場合は慎重に選ばないと上がったり下がったりするはめに

 

人混みで潰れそうになることはなかったけど、閑散としているエリアはあまりない

家族で来る場合は、休憩スペースを利用したり子ども用の広場で遊ばせたり長時間滞在にも耐えられるようになっている

1階ではコーヒーの無料サービスもあったみたい

 

雰囲気は普通のセールみたいなものなのだが年齢層は多種多様。高齢層も多かったと思う。

OPENING CEREMONYブースもお年寄りが物珍しそうに、または普通に見ていて不思議な光景だった

広さ自体は他のブランドに比べると広くはない…くらいにしか思ってなかったけど、メンズとウィメンズが1つにまとまってるから結果極小面積だと思う

他のブランドは渡り廊下を渡った別館にメンズエリアがあったりした

 

取扱ブランドはオリジナルもありKENZOなどおなじみのセレクト系もあり。

洋服の他に小物、靴、バッグもあり、靴はかなり在庫があったように見えた

流れ流れてたどり着いたお洋服たちは正直保管状況が良いとは言えない。しわがあったり。

しかし緊張する正規のショップとは違い、じっくり見れたり意外性を見つけたり、途中からは宝探しをしているような気持ちになった

 

試着はだだっぴろい大部屋で。

自分の陣地がテープでバミられていて前には鏡。

混んでたら大変だろうけど、昼過ぎの時間は両隣が空いていてまだ余裕があるくらいの混み具合

(お戻しを自力でするという、普段ファストファッションでのお戻ししてくれるありがたさが身にしみる)

 

試着も終わったし、さあお会計と思いながら階段を降りていると、4階にVIA BUS STOPがあるのに気づく

ここも面積は狭いけど靴のバッグが豊富だった

 

では戦利品紹介

f:id:em378794:20190929014116j:image

まずはポーチ2種

f:id:em378794:20190929014428j:image

f:id:em378794:20190929014433j:image

値札に何のパーセンテージも表示がないと自動的に30%OFFになる

 

T by Alexander Wang Tシャツ

f:id:em378794:20190929014558j:image

f:id:em378794:20190929014607j:image

丈の長いTシャツのような感じ(シャツワンピではない)

薄手なので1枚では着れないけど、くたっとした特有の生地感

これは半額でした

 

ジャンパー

f:id:em378794:20190929014923j:image

f:id:em378794:20190929014928j:image

今回めちゃめちゃ気に入って買ったのはこのジャンパー

↓たぶんこれ(発色違…)
f:id:em378794:20190929015025j:image

実際にはドイツ国旗みたいな発色

メンズなので着るとゆるめ

そんでこれは70%OFF

アウトレット的なキズ有りでもないしだいぶ安いと思う

あと何点かショッピングバッグに入れてたんだけど、VIA BUS STOPでかわいいスカート発見f:id:em378794:20190929015423j:image

f:id:em378794:20190929015429j:image

あとで計算すると65%くらいの割引率かな

わたしの身長ではロングスカートだけどサイドのスリットが膝くらいまで入っていて、ボタンも凝っていてかわいい

しばし椅子で悩んでこっちを購入することに

7階まで戻って見送り品を戻すという行為

…これ戻すのめんどくさくて

いいやー、買っちゃえーってなるよね

 

お会計はクレジットorキャッシュで分かれて支払い

 

こんな感じで、総額11万程度の元値を5万弱で購入することができました

(でもオタクなのでコンサート5回分かぁって思ってしまう)

 

アウトレットがたまに同じような70%OFFをやったりするけど、アウトレット用製品だったり痛みがあったりして買うときに気をつけなきゃいけないこともある

時間のことも考えると、滞在2〜3時間で済んだし、よかったかな

どなたかの参考になれば。

プエクのおもひで~X1デビューによせて~

プエクからX1がデビューしたよ!

 

わたしの数少ない1話からのpick!

 

ドヒョンくん

f:id:em378794:20190828041043j:image

f:id:em378794:20190828041055j:image

MBKを救うためにハンギョルお兄さんとやってきたばぶばぶ(だけど身長は180cm)

ずっと圏内だったし安心して推せた

ラップは雰囲気あるし体格的にも恵まれてるけど所作が幼児だよねえ(ちなみにそのギャップにはあまり萌えてないです)

同じ年齢のウォニョンは若かったけど今思うとすごくステージングがうまくて性格的にも芸能界向いてるだろうなーって感じ

ドヒョンくんはどうなんだろう?

ちょっと幼すぎて心配になる…

でもメンタル的な弱さは感じないし、まだまだ成長できそうな感じがソユの言ってたとおり期待できるよね

日本語ある程度いけそうなのはドヒョンくんだけなのかな

 

トニー

f:id:em378794:20190828041129j:image

とにかく視聴中、とにうるじま~と何回つぶやいたことか

Aクラスに選ばれて涙、再評価うまくできずに涙…

最初の頃はインタビューも英語だったし、眼帯もしてたし、見知らぬ国でいろいろ大変だったよねえ

なかなか光の当たるポジションになれなかったけどコンセプト評価はいろんな人に高評価だったみたいでよかった

あと全然気づいてなかったけど、ドヒョンくんと並ぶとトニのほうが身長が高いのね、なぜか小柄な子だと思っていたのでびっくりした

ステージ中の表情がよくて目を引く

所属をFNCに移して…てことはえすえぷ、えぬふらの弟分になるんだね

フェスンやへユンに続いてほしい

 

関係ないけど、同じくホンギエンタからプエク出演→FNCに移籍したジャウォルの広告をスマホにおさめたくて動画がもう一回流れるのそわそわしながら待ったよね

f:id:em378794:20190828041401j:image

(新沙駅にて撮影)

 

ドヒョンくんとトニーはコンセプト評価Monday to Sundayで合流

優しさが溢れている…

 

さてほかに

グループバトル評価がっせぶんステージですごくうまいなと思っていたスファンくんとソンユビン、カンヒョンスはSuper Special Girlで合流

コンセプト評価5曲の中ではいちばん好き

スピード感があってメンバーもまとまってる

このチームは練習生感がなくて、このままデビューできそうなくらいクオリティ高かった(なのに最下位なんだよねえ~)

この曲をがっせぶんやJBJがやる世界もあったのかもしれないと想像するだけで楽しい

 

 

 

 

 

とまあここまで書いたものの

いくら頑張ってもあんまり熱量のない文章になるよね…

 

つまりあんまりプエクはまんなかった

 

一応リアタイしてたんだけどな~

 

推し(がっせぶん)の曲が課題だったにもかかわらず、後半推し(じこたま)が出ていたにもかかわらず、

S2の時に頻出したカップル売り(親子売り?)にもあまりのっかれず

スンヨンくんはゆにく時代からお顔がめちゃくちゃタイプでよく画像を保存してたんだけど…

結果、前(S2)ほど沼につからなかった。

 

なんだか個人的感想としてはS2で根こそぎ刈られちゃった感じ、というか…

元わなわんメンバーと上位メンバーはことごとくデビューしちゃったので、どこの事務所も練習生は魅力が育っていないというか実力もまだまだの子が多い印象…(おまえの目は節穴かって刺されそう)

自分はメンクイじゃないってわかってるので

イケメンだけど実力はまあまあ(^0^;)っていう練習生は目が滑って覚えられない

だからと言って、イケメンで実力もあるとまぶしすぎて引いてしまう気持ちわかります?

結果イケメンとは相容れない

 

ちなみに

カイくんとかじょんぐうを推してる友人はリアタイしてないのにめちゃめちゃ顔覚えてたので

プエクとは相性が悪かったね残念!以外の何物でもない

 

これは放送後だけど、カンダニエルの公開恋愛とかまいてぃんの急な解散とか、プデュが生むものよりプデュが壊すものの方が大きく感じて、そして壊しているのは他ならぬ私達ファン、壊れていくのは彼らの成功と私達自身の心ってのがジレンマすぎてつらい。

私達は成功するアイドルの倍くらい苦労するアイドルをこの先目にしていくんじゃないか?ほんとに大丈夫?って心配になるプデュ出身者グループが本当に多い

アイドルが増えた分、運営の下手な事務所が増えたのかな

アイドルに辛酸なめさせて、上前はねてウハウハしてるおっさんいない?

中以上の規模の事務所はなかなかイルデしない傾向だけど、弱小事務所すぐ日本でショーケースやる

 

脱線するけど、ケンギュンを見ていて

サンギュンはケンタさんがいるから安心してイル活できてるなーって

タプドクには日本人いなかったから何をさせられてるか不信感も生まれるよね

この会場このMC今日の接触イベントに詰めこんだスケジュール…これって本当に望んだ生活?って。

ケンタさんは日本人だしヲタクだから、イル活の善し悪しはそこら辺の日本人アイドルよりわかってるはず、いやケンタさん以上はいないだろう

もはや存在が尊すぎてケンタのことさん付けしてしまう

サンギュンはケンタさんに全て任せていればいいだけなのだ

 

話を戻して、

グループ全員で参加しなきゃ解散リスクがあることもわかったし、不正票の疑惑もあったし、じこたまもせっかくウンジキョ提供したのになんだかケチがついちゃったし…

続きはあるのかな?PRODUCEシリーズ!

 

 

…あったわ、JAPANが

 

 

190730-31GOT7 Our Loop@幕張メッセイベントホール

ソウルコンから1月半、

ワールドツアーと個人活動を途中で切り上げ日本ツアーも始めちゃったがっせぶん

お疲れさまです…

日本での契約枚数通り?に活動してきたためか、めちゃくちゃ日本語曲が増えとる

 

今回は

ソウルコン(ジェク抜き)3:LOVE LOOPショケ3:日本曲4くらいのステージ構成

センターに無限大型のオブジェ一体型モニターが…

 

1日目はヨンジェがユギョムの手の甲にキスしてマンネラインの芸人ステージがあって幻の3着目の衣装があって終了時間を押しまくり、アンコールで退席するあがせが相次ぐ

終わって時計見たとき21時半だったから驚いたよね

 

そのせいで(おそらく)2日目は芸人ステージと3回目の衣装替えはカットになっていた

…まあしょうがない、まじで幕張から帰れなくなったらしゃれにならないからね…

 

本人たちのコメントで並行してツアーを2つ回るのは大変だよー!って毎度言われてるけどなかなか状況変わらないね

ワールドツアーの開催地に日本を入れればいいだけなんだけどな

幕張公演はじぇび氏があんまり踊らなくて(なんだ久しぶりに不機嫌か?でもMCの感じは普通だしなあ、はて…)と思ってたんだけど、帰ってTLを見たら「腰が痛いんじゃ?不調なんじゃ?」ってまあまあ言われていて疑った自分を責めたよね

ただアンコールのライオンボーイはいつもの感じだったので体の不調はないかなあと思ってたんだけど…(そして福岡では絶好調だったようで)

全く新しいそれまで集中してたものと違う、しかも言語すら違うツアーの初日の幕が開く前ってどんな気持ちなんだろう?

「構成覚えきれてなくて不安だな」とか

「調整しきれてないな」とかが頭をよぎったら集中力を欠いたステージになったりするのかもしれない…

 

全く違う日本ツアーは非あがせのけーぽっぷおたく(韓国曲なら知ってるから行きたいと言ってくれるタイプ)を誘いづらいったらない

ワールドツアーにすれば動員も増えると思うのだが…

あとこれは本当に相性なんだけど、メンバー作曲以外の日本語曲はやっぱりのりづらくて…きっと何か音楽的根拠があるはずなので検証してみたい

 

しかしながら

座席ありのため押し合いなくがっせぶんを間近で見れるのって日本ならではで、今回ほんとに快適に近くでステージを見れたので(後方サブステなので少しだけだけど)、いつも考えちゃうもやもやが吹っ飛ぶおめでたいオタクである

 

わたしはユギョムペンではあるけど、花道をどや~って歩いてくるじぇび氏にはおそらく誰も勝てない…

なんだろ、オーラがものすごすぎてひとりで笑ってしまった

あと目の前でにょんぎょむが繰り広げられて拝んだ…

まくはものすごい衣装着てたのにきゃるきゃるしていた

わたしはDefsoulの曲が好きなのでSHINING ON  YOUが セトリにあったのが良かった

初日だったので最後の最後まで(page…!)(teenager…!)って期待してたけど、まあなかったよね

 

あと、ユギョムさんが頑なにバンダナしてるの何かな…?

おでこに彫ってたりしたらちょっと考えちゃうけど、さすがにないよね??

 

 

 

190728WINNER JAPAN TOUR@幕張メッセ

忘れちゃいないよ、1年前の今日のことを…

 

本当に大きな(縦長の)会場で後ろの後ろまで満員だった!

大体の計算で7~8000席くらい?

 

今回は生バンドで、特にバラード曲が大きくアレンジされていた印象

照明と音響とユンの声量ですごく壮大な感じになって、それが大きな会場に染み渡る感じで感慨深かった

小さいトロッコで後方まで来てそこで何曲かやってからステージに戻っていくんだけど

下から見た彼らは王蟲の金色の草原に立つナウシカみたいな荘厳さがあった

フニが「みんなの好きピ」って言ってたの可愛かったし、いつもどこから仕入れてくるんだろ

ミノフニの日本語の掛け合いがほんと面白くて!

それでいてみんなジヌさんを可愛がっているので4人なのに追うのがすごい忙しい

LALAもMOVIE STARも、1曲1曲がラストの曲みたいな充実感で、走り回ったりカメラに映り込んだり本当に楽しそうだった

 

MCで、前に幕張メッセで歌ったことがある、その時はKCONでたくさん他のアーティストがいて、WINNERだけでいつかやりたいと思っていた

って言ってて、本当に細かいことよく覚えてるねスンユンは

2016KCONだったはず

 

生バンドなので次の曲への振りも自由に始められるし、やっぱり原曲がベースにあるとはいえ自由度がぜんぜん違う

あと今回はソロを設けずに4人のステージを見せるって言っていたのが印象的だった

 

4人から後ろに演奏者がいる安心感も見えた

客席側も、わたしの横の席も前の席も女も男も老いも若いもみんな楽しそうだったよ

それが本人たちに伝わってたらうれしい

最後列だったので踊り狂って飛び跳ねまくった

雰囲気に流されて何となく楽しい気分になったとかじゃなくて、

本当に楽しかった!

 

うぃのってREALLY REALLY以降の曲が積み重ねられていて、ライブに行くとセトリの豊富さにびっくりする

YGのグループは空白期間が長いけどうぃのはコンスタントにカムバしたりデジタル配信できていて、ずっしり充実感のあるフルアルバムがあるのってやっぱりすごく重要なことなんだなと思う

活動をスムーズにしてるのはミノのバラエティ出演も一端だろうね

 

Just Another BoyとSmile Againが流れるとやっぱり…

表と裏のような、寄り添う双子のようなiKONやWINのことが思い出されて、なんとも言えない気持ちになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

190616GOT7 KEEP SPINNIG in SEOUL@KSPO DOME

かっせぶん本国コンに行ってきました…!

f:id:em378794:20190626034516j:image

てことで、次までにいろんなことを忘れちゃう自信があるので、諸々覚書き。

 

KSPO DOMEはキャパにすると横アリくらい

関東の大規模会場と違うのは高低差があまりないところ

チケッティングでもたついて2階席()だったけどすごくいい環境で見れたと思ってる

スタンディングも2階から見る分にはそんなに押したり失神して運ばれたりしてなかったような

グローバルアイドルがっせぶんなので、とにかくいろんな国の、人種の、信仰の方がいた

 

チケットの受け取り方法が謎のまま会場に行ったけど、何ならフローは日本よりしっかりしてたかも(調べなさいよ)

・まずグローバルチケットは名前のアルファベット別にテントに並ぶ

・パスポートとメロンチケットの文面をみせ、最後に電話番号の末尾を言って合ってれば手渡し

スタンディングはブロックごとに集められて入場していた

 

グッズは全然並んでなかったので無線コントロールペンラを購入

(ちなみに日本の時もいつもぜんぜん並んでない←)

 

とここで!

…電池が別売りであせる!

が、しかし。

会場のオリンピック公園には別で双眼鏡などの物販テントがありそこで電池を売っていたのでひと安心

 

↓こんなテントが等間隔に並んでいる
f:id:em378794:20190626034015j:image

 

関係ないけど隣の会場では

ソウルパークミュージックフェスティバル開催
f:id:em378794:20190626033919j:image


f:id:em378794:20190626033941j:image

土曜はじこたまがトリだったようで…

 

アリーナを横向きに使っていたのでステージが広い

しかしそれよりびっくりしたのはバックモニターの大きさ。

ステージの5倍くらいは横幅があったのさすがパネル大国だね…

ちなみにモニターがでかく高低差がないとモニターの映像の中に本人たちが入りこんだような錯覚を覚えて、日本では味わえない不思議な感じでした

覚えてるのはFLYが摩天楼みたいな映像で、ステージの彼らと調和してた

今回のコンセプト、映画「インセプション」ぽいなと思って

f:id:em378794:20190728031918j:image f:id:em378794:20190728031933j:image

作中には夢か現実かを区別するツールとしてコマも出てくるし

もう言及済みかな?

モニターが大きいからがっせが摩天楼の中でパフォーマンスしてるみたいだった

 

花道は外周、センステは真ん中と外周の真ん中にふたつ

JUS2やるかなと思ったけど

ボーカルステージ→つじぇ

ダンスステージ→にょんぎょむ

ヒップホップステージ→アメリタイコン

だった

 

わたしは韓国語全然わからないけど、やっぱり彼らにとってはメインの言語なので

いったんしゃべり出すと長い。

誰かが愛嬌やるとほぼ全員がやるまで終わらない。

 

しかしなんと言っても

終盤のセトリ、teenagerからのPAGEからのLOOKからのLullabyはアツかったです

PAGEで後続曲しないの?って

わたしずっと思ってる(しない)

あと、ユギョムさんこんだけ踊って最後にララバイのダンスソロがあるんだーって感心した

 

今回は17時開演で、当日朝9時成田発仁川

空港鉄道(鈍行)でホンデまで1時間、

ホンデから2号線(緑の路線)でホテルのあるソンスまで30分

チェックインして14時ホテル発、地下鉄オリンピック公園駅には15時過ぎに到着

帰りも21時頃オリンピック公園駅を出て22時にソンスに戻る

一人なので電車移動したけど、地下鉄は路線図以上に駅間で歩くので時間がかかる

 

あと、今回宿泊したソンス(聖水)と言う町、

けっこう歩いてておもしろかったです

 

靴や革製品の工場が多くて、レンガ造りの崩れかけた壁の向こうには使い古された機械とそれを回すおじさんが。

かと思うと物静かな雑貨屋さんだったり日本では見かけないようなウォールアートがあったりカフェがのぞけたり。


f:id:em378794:20190728034336j:image

これはカフェメロワーの入口、の横にある扉(ここらは入れない)


f:id:em378794:20190728035221j:image
駅近のカフェオニオンの隣は大きな自動車整備工場で笑った

建物が無骨すぎて怖かった

 

街の雰囲気を日本に例えると日暮里繊維街谷根千みたいな感じ

駅から歩いて10分くらいのところに大きいスーパーがあるのも良い

 

あと最終日はソウル駅でインタウンチェックインを

これが香港の時めちゃくちゃ便利だったので今回も利用。

しかし意外とソウルは対応している航空会社が少ない印象

アシアナは対応してるけど傘下のエアソウルは非対応だった

アシアナと言えば、今回の成田-仁川は横6席(3/3)の小さめタイプだった

いい時間に乗ったけど混雑もそこまでしておらず

あと、最後に成田空港で試してみたかったのがこれ


f:id:em378794:20190728040340j:image

ポケットチャージ

 

外国の小銭をICカードに日本円でチャージしてくれる、しかも複数国のお金が混ざってても対応可能みたい

たかだか100円くらいでも楽しい

余ったお札は韓国出国前にT-MONYカードにチャージしておくと次回入国時そのまま使える

 

 

 

190518 KCON in JAPAN@幕張メッセ

去年一昨年の参戦記事

 

今回は日程がどうにもならず、土曜のMカのみ参戦

本当は週末朝から入って

無配のトッポギ等をつまむ

コスメエリア等を流す

人だかりができはじめたあたりに合流すると誰かしら現れる

プデュエリアで沸く

などなどの行為をしたかったのですが、残念。

あと夜イベがなかったのも残念でした

↓前回の夜イベの記事

 

前回の教訓を生かし、今回は1stラインナップで絶対とる!と決意。

トリが誰かよくわからないまま取ったけど、結果割といい席だった

 

まず初めて見るので楽しみにしていたITZY

回りの反応がめちゃくちゃよかった

 

A.C.Eの丈の足りない上着担当の子、その後の歌番組でも同じデザインを着ていたのでばっちりお名前覚えました

ビョングァン君ね!

ステージに迫力あってよかったです

 

うじゅそにょは冒頭でチョンハとダンスステージもやっていた

こういうときのソラちゃんに目が行ってしまうんだよね

ヒットメドレーでテンションあがった

ぶったっけの最後のサビで全員で横並びになって前進するところがあるんだけど

あそこまじでかっこいい

単コン行きたいなー

 

おねのぷはコンプリート(日本語だったけど)やってくれた

やっぱりコンプリート好き

 

もねくはかっこよかったことしか記憶になく…

さてそして完全体にゅいですよ

曲は今回のアルバムから、

そして最後にヨボセヨで締めるという

ヨボセヨってわたしが音楽番組見るようになった頃に活動してた曲で、シンプルなタイトルとなんか独特のリズムで印象に残ってた曲

完全体になってあんなに素敵なにゅぶるの曲たちは封印されていくのだなあという淋しさと、彼らは再び歩き始めていくんだなという前向きな気持ちを部外者ながら感じました

 

しかし2点ね、

まずゲームコーナー長くないかね?

みんな忙しいのわかってるけど、コラボステージとカバーステージがもうちょっとあってもよかった

(と言いつつ放送見たら別日はけっこうカバーステージやっていたみたい)

もしくは金額下げて時間を短縮するでもいい

幕張は本当に遠い会場なので、できれば21時には終わってほしい

↑でもこれはよく考えたらコンベンション込みの値段だから下げるのは難しいよね、今回わたしは夜しか行かなかったからそう感じるだけで、一日遊べる日に行けばコスパの良さを感じるのだろう

 

もうひとつ、毎回言われているエンディングの治安の悪さ

まあとにかくあれだけ観客がいればセンステに行く人は行く

なんか行ってもいい雰囲気になっちゃってる

MAMAはそんなことないのに

KCONはエンディングステージ正直なくてもいいかもなあと思ってしまった