読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

161202MAMAライビュ

渋谷TOHOシネマズ。

席が埋まってないのに座席が端だといらっとするが、今回は満席に近かった。

通信状況は良く、画の乱れも特になかった。

ファンの比率はエリとアーミーがほとんど。次いでしゃうぉるとカラット。あとはちらほら、という感じ。

とは言え今年はヨジャグル豊作の年だったので、曲になじみがあるためか大抵の子はヨチンやTWICEのステージも楽しんでたと思う。

セブチとヨチンはお互いのステージが細切れな感じがして消化不良。もっといい演出があったような気もするが、お互い忙しいグループだしコラボしてくれただけ頑張った。

がっせモンエクの演出もよくわからなかった。雰囲気は一昨年のピニとらめかみたいな感じ?

がっせはサブステだったから正面カムがなくって残念。あとしょうがないことなんだけど会場が暗くてパフォーマンスがよく見えなかった。

ばんたんEXOの作り込みはさすがMAMAという感じ。

びわいもじこたまもしっかり時間とってくれてよかった。

今年は視聴率では振るわなかったと聞いたけど、1年間追ってきた者にとっては世代交代の実感できる、緊迫感のあるMAMAだった。

 

本筋とは関係ないけど、See You Againのステージ中にユギョムとべむちゃんが立って歌っているところがめちゃくちゃ抜かれていていろいろと考えさせられた。

ああこの曲好きなんだね、宿舎でいつも流してるの?世界中の素敵な曲をいっぱい聞くんだよ…視野の広い子に育ってね…と思いながら。

がっせは本国で切磋琢磨しながらも、世界のいろんなものを受け入れながら世界中の人に愛されるグループになってほしい。

爆発的に売れなくてもいい。

難解なコンセプトでなくてもいい。

運営とアイドルとファンが理解しあえる優しい塊になってほしい。

もうひとつ、最近やたらと仲の良いてむちむと昔からのカイテムの関係が来年どうなるのか。

てみんちゃんはEXOとばんたんの架け橋となるのか…