言い訳から始まるJBJみゅ~こみプラス@横浜アリーナ

JBJのメンバーは番組中の記憶があまりなくて(ノテさん、ダニエルと裏ピラミッドじゃないかというくらい違うチームだった)、デビューが決まったときもファンの熱意すごいなーって思っていたくらいだった

あれ?と思い始めたのは空港写真で、この空気…何かに似ている…
f:id:em378794:20180220055914j:image
f:id:em378794:20180220060519j:image
f:id:em378794:20180220060556j:image


f:id:em378794:20180220060000j:image

f:id:em378794:20180220060911j:image

…これか~ってなって
f:id:em378794:20180220060224j:image
f:id:em378794:20180220061014j:image

…こういうことか~~ってなって腑に落ちた

※画像お借りしました

 何かのインタビューで(ソースなくてすいません)ヨングクが「アイドルにならなかったら何をしていたと思う?」っていう質問に対して「観光ガイド」って答えていてそれがめちゃくちゃ自分の妄想をかき立てられたよ…

観光ガイドしながら日々をモラトリアムに過ごすヨングクの日常が、なんかすごくしっくりきて… 

あと年末も書いたけど、純粋にデビュー曲のコンセプトがよかった

2017は楽曲の流行が顕著だったので、コンセプトのあるカムバが少なくて目を引いたのかも

 

 

というところで、ラジオの合同イベントにJBJが出演

昼夜違う企画なので1部の開演時間は11時45分と早い(案の定遅刻)

席はアリーナ~スタンド何列かっていう埋まり具合であとは黒幕

席はスタンド後ろの方ど正面

周囲の観客は招待なのか、あきらかにアイドルファンじゃない中年層がちらほらいた

さてJBJは後半登場、意外とじょいぷる多くてびっくりする

今回のMCは主催するラジオ番組のパーソナリティをしてる方だったのですが、とても良かったです

アニメやライブのイベントのMCをよくしているということで、出演した二組にアーティストとして接していて、リスペクトが感じられたのでトークが楽しかった

MCを生業としている人と芸人MCの、出演者に対するスタンスの違いを感じた、まあそれは違っていて当たり前なんだけど

 

自分はFANTASYのダークなコンセプトがすごく好きだったんだけど、本来のグループのカラーはこっちやの方が近い感じがして面食らっている

アルバム1曲目のTRUE COLORSの浮遊感はしゃいにのあるんだうぉに似てると思って、あのふわっと軽くて華やかな感じにどりごる活動期の頃が重なった

FANTASYはとにかく1番のサビのヨングクが雰囲気に合っていてすごく好きだったんだけど、こっちやではケンタがめちゃくちゃ輝いててちょっと混乱するくらいで

お互い持ってる雰囲気は全然違うのに、オフになると2人ともふやーーってなるのおもしろい

 

会場でも思ったけど、メンバーは日本語がわからないからと言って流さずに、ケンタに確認→実際に発音→やった!一個覚えた!っていうのが顕著に見えて好感が持てた

ノテさんもヒョンビンもちょっとは日本語がわかる(ノテさんはかなりわかる)のでMCタイムも面白い

トーク中も自然体で、日本語わからないサンギュンが立ち位置無視して通訳さんに寄ってったり

アイドルとしての輝くカリスマ性!みたいなものはひとりひとりにはあまり感じないんだけど、6人が組み合わさることで化学反応が起きていてものすごく引きつけられる