180215JBJ@ZEPP TOKYO

ゆりかもめのトリップ感は好き

青海の駅はしんとしてて忙殺された仕事終わりがリセットされるような開放感だった

元々休みの予定で「昼の部行ける!」と思ってたのに仕事が入り、「行ける!」という気持ちを消化できなくて夜の部に紛れ込む

想像以上の入りでまあ何も見えなかったんだけど、あの空気の中にいれただけでよし、というか…

もう本当に会話の応酬を聞いているだけで面白い

あと今まで見たことがないくらい古家さんは手加減なしだった

イベントだからといってはりきりすぎることもなく自然体で会話もゲームもしていて見てて(聞いてて)楽しかった

ケンタが最後に「古家さんと根本さんに司会と通訳をしてもらえるなんて」って言ってて本当に彼は日本人KPOPアイドルの誰ともスタンスが違っていて面白いなと思った

彼がいるといないとでグループのカラーが全然違ったのでは??

ケンタサンギュンが同室になってちゃるばじょで済州島に行ってぐんぐん仲良くなってくのが画面から溢れてきて、なんていうか…良かったね、本当に…ってなった

 

あとBeautiful dayの最後、未だかつてない終わり方すぎて震えたんですけど、だれがあんなん考えたん…?感謝…

とはいえ、緩い曲もありつつしっかり踊ってラップもいけるんだからやっぱり楽しい2時間でした

現場が平和って大事!