180711WANNAONE ONE THE WORLD in TOKYO

2018年初め、イルコンの予定もなくキャパの予想もつかなくて、もう見ることないかなと思っていたわなわんだけど、なんとかチケットが取れたので参戦

やたらマスターのうちわを持ってる人が多くて疑問だったんだけど、グッズ売り場行って納得

グッズの種類が少ない上にペンラ5000円くらいするし黒がベース色でなんか…購買意欲をそそらない

別に黒が悪いと言うわけではないんだけど

メンバーがアンコールで着るわけだし

…でもみんながマスターのうちわを欲しがる気持ちはわかりました

 

幕張メッセの会場に入って客席全体を見回したとき、まず席の多さに驚いた

単純に自分のブロックの席数×ブロック数で計算すると全体で5000~6000くらいのじゃないかと思うんだけど、サンプラザやNHKホールだと足りなくて横アリだと埋まるかどうか、国フォAとか、それこそJBJがやった東京体育館とかくらいの規模?

KCONの時こんなに座席つくってたっけかなー

Dブロックでもメインステージは全然見えなかったけど後ろはどうなっていたんだろう…

 

全体はアルバム曲とコンセプト曲を混ぜて、その合間に短いソロステージをはさんだ構成

ソロがダンスの人もいれば歌DJピアノと各自の個性に合わせていて飽きない構成だった

ブンソはブーメランの前、黒い衣装で2人で踊ってた

センステからかなり長い花道がのびてたんだけど、そこを全力で走って戻ってくるカンダニエルはただのわんわんだった…

会場内はけっこう暑くて、ダニエル前半調子悪そうというかちょけてる感じじゃなかったけど後半は持ち直してた

ジェファンのソロパフォーマンスはアカペラだったんだけど、あのメッセに、声がものすごくきれいに伝播していた

空気の振動がすーっと後ろまで流れてくるみたいな

空間が広いからきれいに届くのかな

よく考えたら同じような感想をサマソニのHYUKOHでも思ったんだった(同じくメッセ)

ミニョンさんは立派に司会を果たしてて、最後の挨拶でも日本の事を話していて、本当に真面目にイル活を頑張っていたんだなと思った

けんごるだけダンサー付き

とりっぴんかどうかはよくわからなかった

当初、誰を推すんだろうって疑問に思っていたわなわんだけど、この日はウジンくんを目で追っていた