180901-02King of the Zungle@TDCホール

f:id:em378794:20181208000413j:image

じこたまのソロワールドツアー

スタンディングじゃなくてよかった…

Tシャツ欲しかったけど両日売り切れていた

自分にしては本当に珍しく、グッズ目当てで開場前に並んだけど売り切れ。

当人がデザインされたTシャツ着るってなんか面白いんだけど、しかし最も似合っているという


f:id:em378794:20181214014635j:image


f:id:em378794:20181214025849j:image

 

会場に入ると、夜のジャングルクル〇ズみたいな雰囲気とずんどこした音楽に迎えられる

 

セトリは本国コンとほぼ同じ

あいゆちゃん来れないからsoulmateはカット

他にも何曲かカットされていたと思う

PSYの代わりに1日目はSEAMO、2日目はゆぐが出演(1日目は…完全にジャングルに異物混入って感じだったけど)

 

正直に言うと物足りないところは何点かある

全部音源だったこと。DJ(マニピュレーター)もなし、これはじこたまの公演にしては本当に本当に予想外だった

本国コンのアレンジをベースにしてはいるんだろうけど、fancamで見たVENI VINI VIKIの金管アレンジが好きだったので

初日のwelldoneの最後、曲が終わる前にはけちゃったからトラブルでも起こったのかと思ってドキッとした

その場で演奏があれば自然なんだろうね

ANTIはボーカルがいないから最後のサビの前で終わっちゃうの。これは仕方ないとは言え淋しいよーー

 

さて、それ以外の最高だったところ

とにかく狭い会場(というか見やすい会場?)の正面から全身全霊のじこたまを見れるということ

オープニングはシックに始まり、VCRをはさんだポップなステージはダンサーも大勢で、TDCホールのステージでは狭すぎるくらい。

本来ならヨジャダンサーが出てくるはずのユレカの前のVCRはめちゃくちゃかわいかった!

暇を持て余すジャングルの王様が果物食べてると女達が目の前を通り過ぎていく、みたいなやつ最高かわいかったf:id:em378794:20181214020849j:image

これっすね

 

亀甲船とおきどきはそれぞれパロさんver.ミノver.も見たけど、どちらが良いとかそういうことは全然なく、曲に関わった人たちがそれぞれの場でさらに進化させていくのが面白いなと思った

 

最後のMCで「自分を生んだ曲を最後に選んだ」といって始まったIm still fly

迫力に圧倒されて、去って行く背中が潔くて

まだ終わらないで欲しい、もっと見たいという空気が会場全体にあって、拍手とスタンディングオベーションがやまなかった

いろんなコンサートとライブ行ったけど、こんなに切実に、良かったよありがとうという拍手でなく、え、まじ無理帰らないでまだっていう気持ちでアンコールを求めたの、私は初めてかもしれない

しかしMCで言っていたとおりこのセトリにはストーリーがあり

ストーリー的にもう続きがないのは明らかなので(音源だったし)アンコールがないことはわかってはいたんだ

だけど、拍手が鳴り止まない中で「本日の公演は終了しました」っていうアナウンスが何回も流れたのはエモかった

本人に聞こえてたらいいな

 

じこたまは何というか…過去をないがしろにしないね

晦日にインスタあげてたのもそうだし、今回のTシャツの袖に黄色のリボン入ってたし

事務所退社した後なのにスピーチでているちゃんのソロコン告知したりジェヒョの写真展行ったり

そういう彼だから、私は心から尊敬しているしファンなのだ

だから…もしかしたら…

兵役のちにまたぶろびとして活動するのかも事務所の垣根を越えて

って期待してしまう

一方でレーベルを抱えて代表になった彼も見たい

ちょっと最近の痩せっぷりを見ていると心配になるけど…

健やかでいてね

ついて行きますから

f:id:em378794:20181214025250j:image

ところで

推しが代表団の一員で北朝鮮に行ったって

今更ながらものすごいな…

 

※画像お借りしました