春色け~ぽっぷ2019

今年の東京はなかなか暖かくならないけど、冬を抜け出した春みたいに明るくて軽やかな4月のアルバムを記録しておきます

ちなみに殿堂入り春色け~ぽっぷ3曲

#11:30 / Block B

#MYTYPE / iKON

#TOUCH / NCT127

 

 

まずは

#AWAKE/JBJ95
f:id:em378794:20190414071958j:image

ステージの電飾と衣装の配色が合っててきれい

 

最初から最後まで力みのない曲が並んでいて

楽しいアルバムだなと思う

#1,2(タイトル曲),4がふわふわきらきらの軽やかな感じなんだけど

#3のちょっとださめの王道ポップス(ほめてます)とか

#5のシンプルめなアコースティックギターの曲調に絶妙に混ざって、収録順に聞くと永遠にリピートできます

わたしはペンタのぴんなりのピアノのループが好きなので#6のイントロが都会的で渇いていてとても好き

アンニュイで春眠のけだるい感じがアルバムタイトル「AWAKE」にとても合ってると思う

 

ビジュアルコンセプトも淡くて全体のまとまりが良い

他の季節でない、春だからしっくり来る感じ

 

早くドンハンも加入しよ?

 

 

続いて

#HEART*IZ / IZ*ONE

f:id:em378794:20190417011432j:image

 

今までの、のむのむのむとかブーメランとかファルファルとかが嘘みたいに急造のはずのコンセプトがはまっている…

ラビアンローズは赤、今回のVioletaはパープルがテーマカラー

そして補色のミントグリーンを品良く配色してるところがとてもセンスが良いです

ミントとラベンダーってとてもかわいい

 

「AWAKE」に比べると曲調は偏ってると思うけど、音の可愛らしさが尋常じゃなく良いです

#4が比較的シンプルな曲調だけど

それ以外は音がめちゃくちゃ凝っている

#1は曲名の通り楽しく跳ねるような音でアルバムの始まりにわくわくする

#2 タイトル曲らしからぬ軽やかさに紫の色が持ってる秘密めいた感じもあって、サビの音は高音のシンセサイザーみたいでちょっと変わっている

#3 音は軽いけど疾走感があってアルバム全体のメリハリをつけている

#5,6 いつ金テが降り注いでもおかしくない多幸感

春らしいしっとりした暖かさって感じ

はるうぃろのコミカルなイントロからユニゾンでスケールが大きくなっていって、最後の最後にさくらちゃんで締めるのがこのアルバムらしさが出てる

 

 

2つのアルバムに共通するのは

ボーカルと音楽が均等で、聞きようによってはボーカルがあまりたっていない印象を持つと思う

でも音が強いというわけではなく

音楽にも適度な隙間や抜けがあり、2つがお互いを引き立て合って1つのものになっているように聞こえるということ

 

あ、全て私の個人的な感想です…

 

なのでリピートして聞いていても疲れたり飽きたりしない

 

ガツンとスパイスのきいた曲も好きだけど、

包まれるように聞ける曲が春らしいなと思いました

※取り急ぎ、「不朽の名曲」については次回以降で…