190410JUS2 SHOWCASE@ZEPPダイバーシティ

わーーーん

日本版のジャケット画像すてき…
f:id:em378794:20190411031825j:image

(しかし実際のジャケットは紙質が安っぽいのにお値段が張るので萎えたんだよね…金額は出すから厚みがあってちゃんとした紙がよかったな)

 

がっせぶんが本国の音盤を日本仕様で出すのって初めてでは?



今回のアルバムは普段一緒に曲を作ってるヒョン達と一枚作った感じで、私はEffnひょんとユギョムのソロ曲(サウンドクラウドにあげてるやつ)が好きなので、そのテイストが活きててとても嬉しい、ひょんはユギョムの高音の甘さを引き出す天才だと思うので

あとじぇびとDeepshowerもめちゃくちゃクラブテイストで嬉しい

zeppみたいな大きい箱で聞けて良かった

 

全然妄想なんですけど

チームの活動のつなぎでJJPにしろ今回にしろJBさんが出てくるのが頼もしい

…わかりました。

その空白期間、俺が何とかします

的な。 

一応肩書きはAPだし、がっせぶんのリーダーだし、空白期間を作らないように責任感もって活動してるようで

 

ショーケースだったので、着席のトークも挟んで2時間の公演

日本公演のMCはヨンジェ!

ほぼないとはわかってたけどDJかマニピュレーターステージにあげてくれたらもう死んでも後悔しなかったと思う…

やっぱあの楽曲群だと曲間のつながりが気になる

 

日本では吐息をスタンドマイクで

この照明の当たり方きれいだったな

あとはそれぞれソロ曲を

こんなに小さい会場で見れるなんてそれだけでも行ってよかった

 

グッズはマンツーマンとラバーキーホルダー(たまっていく一方…)、あと初回限定盤CD4200円は会場で購入

あかちゃんリーダーユギョムさん最高でした

 

 

 

 

 

ところで(以下全然けーぽっぷとは関係ない話です)

この前日誘われてエドシーランの東京ドームに行ったんですよ

ノテさんのshape of youの原曲の方。

正直曲あんまり知らないし、ファンの母いわく、彼は弾き語りだよ?東京ドーム?みたいな反応

で、チケット発売後なのに前座に有名バンドがブッキングされたりクロークで分配できなかったりけっこう振り回されて当日。

 

前座が始まり、その中のトークで「このステージはバンドが乗るには小さい」的なことを言われてはっとしたのね

確かに、ドームにしてはステージが小さすぎる。ここは日本で一番大きいドーム会場、だけど本当に弾き語りでバックミュージシャンなしなのでは?と…

あとカメラの台数がやたら少ないのも前座の時から気になっていた

普段のコンサートならクレーン出して天井からレール出して20台くらいあるのが普通なのに、数えると5台くらいしかない…

(しかもうち1台はドラム後方の定点カメラ)

 

不安なまま開演時間になり、VCRなくステージに上がるTシャツ姿のエドシーラン。

持ち物はギター1本とループペダルのみ

このループペダルってやつに最初の1フレーズを記憶させてそれをリフレインしながら重ねて音に厚みを持たせていくスタイル

ファンは当たり前に知っているのだろうが

彼は元々こういうスタイルらしい

そのまま弾き始めて曲が始まって、水飲んでトークして(もちろん英語だけど通訳なし)、観客煽って左右でコーラスさせて、最後に侍ジャパンのユニフォームを羽織るために一度下がったけど、それ以外立ち続けて2時間。

 

これは本当に本当にすごい公演だった

声が良くて歌がうまくてギターがうまくて自分で音楽が制御できるなんて素晴らしいアーティストだと思う

むやみに派手じゃない、自分のやりたいことを自分に合ったスタイルで満員の5万人に伝えて、本人は楽しそうににこにこしてるし観客もここでかけ声!みたいなのはなくて自由だし

とはいえ演出はしっかりしていて、バックの映像は曲ごとに雰囲気が違っていて見入ったし、ライブ映像のはめ込みも凝っていて(サビでぴたっと合わせるのどうやって制御してるんだろう?)、ドームの2階なのにあんなにステージに没頭できたのは不思議な体験だった

このブログはけーぽっぷのことだけ載せたいからここに隠しちゃうけど、

すごい体験をした

2019年これ以上の衝撃と多幸感に出会えるのかな